遺言でできること、できないこと④|大阪府箕面市で女性行政書士による外国人在留・永住手続、帰化申請のサポート。法人設立、相続、遺言書や離婚協議書の作成も行っております。

行政書士濱坂和子事務所
  • 0727003150

    [月~金] 9:00~17:00(定休日:土・日・祝)

  • お問い合わせ

ブログ

遺言でできること、できないこと④

ブログ

遺言関係の一連のコラムは、今回が最終回です。

これまでのコラムで、時系列が関係しているということにお気づきかと思います。人生の最後の場面のためにご自身で準備ができる制度は、時系列で並べると

1.任意後見
2.後事務委任契約
3.遺言

となります。

元気なうちから任意後見契約、死後事務委任契約、公正証書遺言を三つセットで備えておけば、ご自身の意思を最後の場面に反映させることができます。

また、判断能力はしっかりしているけれども、体の自由がきかなくなり財産管理が難しくなって、管理を任せられる親族がいないような場合は、後見利用の前に財産管理契約を締結して財産管理だけを代理人に委任することもできます。

さらに、判断能力や健康状態を見守る見守り契約を任意後見契約とセットで結んでおくと、任意後見の開始時期を適切に判断してもらえ安心です。

ご自身の心配事は何かを行政書士等の専門家へお伝えいただいて、設計してみてください。

 

⇒ 遺言でできること、できないこと①

⇒ 遺言でできること、できないこと②

⇒ 遺言でできること、できないこと③

ページトップへ戻る